日常

年末年始は呪術廻戦を一気に見たはなし

2024年あけましておめでとうございます。

早速ですが、年末年始は呪術廻戦のアニメをすべて見ました。アニメ シーズン1の1話2話はすでに見ていたのですが、3話以降はまったく見ていませんでした。しかし、X(旧Twitter)で呪術廻戦のワンシーンがよく流れてくるのでずっと気になっておりました。あと、妻が呪術廻戦の漫画とスマホゲームにはまっていたので、一気見するかとなったわけです。

呪術廻戦のすなおな感想

1話2話はすでに見ていたので3話目から視聴を開始したわけですが、まぁ面白いわけです。話題になるのよくわかりますね。キャラクターも魅力的だし、ストーリーも面白い。

呪術のイメージって、丑の刻参りのような暗いイメージがありましたが、呪術廻戦はアクション漫画ですね。うんうん唸って呪文を唱えて呪い殺す…ってわけじゃなく「呪力」でもって物理攻撃(でいいのかな)で呪霊を祓う(倒す)わけです。

何となくわかった気になっていますが、正直この漫画・アニメの事よくわかってません。何言っているのかよく分からないシーンもあるしね。でも現実だってよくわからない事って結構あるから、そうなんだ(分かってない)って思いながら見てました。

他作品のオマージュが昇華されている

漫画の方は見ていないから妻に見せてもらうとして、アニメの方は結構他の作品のオマージュがありました。オマージュかなぁって思ったのは、メカ丸が肉体を取り戻した後のバトルシーン。あれってエヴァンゲリオンとグレンラガンじゃないかな。グレンラガンかなって思うシーンは見ていてだいぶ熱くなりました。だってシーンをそれっぽく描くんじゃなくて絵のタッチもグレンラガンっぽかったもんね。メカ丸そんなに思い入れなかったけど、このシーンでちょっと応援してしまった。

すごく真剣なシーンだけど、オマージュがすごくなじんでいてオリジナルの展開になっているのが本当にすごいなと。ここまで出来ている作品は他に見たことないです。

他にもいろいろオマージュがありそうだから、見直したら何かわかるかも。そういったところを探すのも面白そうだね。

最後に

渋谷事変のキーとなるシーンは話には聞いていましたが、見てみると悲しくなりますね。一夜でいろいろ起こりすぎていて、たくさん人が亡くなってしまって、虎杖に限らず皆つらいだろうなと。お世話になった方たち、仲間、失った人たちが多すぎる。これからどうなるのか。

アニメは最新話に追いついたので、今度は漫画の方で最新話に追いつこうと思った2024年の年始でした。

呪術廻戦 1 (ジャンプコミックス) [ 芥見 下々 ]

価格:484円
(2024/1/2 21:47時点)
感想(60件)

スポンサーリンク
シェアする
ゼットマンをフォローする
ゼットマンブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました