NIKKE

【NIKKE】イベント「Red Ash」で登場、レッドフード

NIKKE

NIKKEは2023年11月でリリースから1周年を迎えました!リリース当初からプレイしていますが、無事1年を迎えられたことは、一プレイヤーとして嬉しく思います。初めはキャラクターに惹かれて始めたのですが、チュートリアルでの衝撃がすさまじく、そこからストーリーにのめり込んでいきました。

このストーリーが完結を迎えられるのか?と不安に感じていましたが、1年続いたことで安心できました。まだまだストーリーは広がりを見せている段階なので2周年、3周年と今後も続いていくことを願っています。

RED ASH

さて、1周年のイベント「Red Ash」は100年ほど前の世界のお話となっていました。イベントの主人公はゴッデス部隊。中でもレッドフードに焦点を当てた物語となっています。ゴッデス部隊は、当時最強の部隊で勝利の女神と呼ばれるほどの部隊です。現在では、パイオニア部隊・インヘルト部隊にと別れて活動を続けています。

現在、レッドフードはどの部隊にも属しておらず死亡したものと扱われています。なぜこのような書き方をするのかというと、イベント「Red Ash」にてレッドフードはゴッデス部隊を離れることとなり、その行方が分からなくなるからです。生きているのか死んでいるのか、それは分かりません。

この記事執筆時点(2023年11月13日)で、私はストーリー24章を終わらせたところまでです。24章時点では「レッドフード」という名前と、なぜかラピがそれに関りがあることが判明しているのみ。今後のストーリーでラピと「レッドフード」の関連がわかっていくのでしょう。その時、旧ゴッデス部隊のニケたちはどう反応するのでしょうか。特にスノーホワイトがどうなっていくのか、そこがとても気になります。

レッドフード

イベント「Red Ash」では100年前のゴッデス部隊とラプチャーとの戦闘が描かれます。この時点ではまだアークは出来たばかりで、ようやく人々が移住を始めたところです。

イベント主人公のレッドフードはとにかくカッコいいんですよね。ビジュアルもそうですが、扱う武器、性格、どれもが魅力的です。赤髪ロングのカッコいい女性が大型の銃をぶっ放すのはカッコいい!(グレンラガンのヨーコ然り)

レッドフードは気さくな性格をしており、ゴッデス部隊のメンバーの誰とも打ち解けているように見えました。こういった性格好きだな。それとやはり、ラプンツェルをエロの道に引きずり込んだのはレッドフードだったのか。ラプンツェルは元々素養はあったと思うけど。戦場に本とビデオテープを持ち込むとかどれだけ好きなんだ、レッドフード。

ニケが作れる時代なのに、レッドフードは「本」と「ビデオテープ」を持っているところが面白いですよね。「古いものは良い」と本人も言っていますが、ここまでやるとはね。恐らく、NIKKE世界の100年前もすでに電子書籍やDVD、Blu-ray、映像配信が主流だと推測します。そんな時代で本やビデオといったアナログな物を持ち歩くんですから、それだけ好きなのでしょう。そうなるきっかけがあったのかも知れません。「古いものは良い」とレッドフードが思い始めたのは人間のころからなのでしょうか、それともNIKKEになってからなのでしょうか。NIKKEになってからだとすると、新しい体になったことから、古いもの=アナログな物に惹かれるようになっていったのかなと妄想しちゃいますね。面談時のエピソードまだ見ていないですが、そこでの掘り下げも楽しみにプレイしていこうと思います。

最後に一言

リリーバイスも好きなので実装して!

スポンサーリンク
シェアする
ゼットマンをフォローする
ゼットマンブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました