ゲーム雑談

8番のりば~感想~

ゲーム雑談
スポンサーリンク

Steamで配信された「8番のりば」をプレイしました。結構面白かったですね。

前作の「8番出口」もプレイしているのですが、今作は若干異なるようです。

8番のりばってどんなゲーム?

「8番のりば」は電車ので様々な異変を体験するゲームです。

車両を移動すると異変が起き、異変によっては何かしら対処をしていきます。うまく対処ができると電光掲示板の行き先が次の駅へと変わります。

次々と異変に対処し、電車の行き先を8番の駅まで進めてドアから駅のホームに出られればクリアとなります。

どんな異変があるの?

「8番のりば」では様々異変が起きます。異変の一部をご紹介します。

異変(一部)
  • 白い人が近づいてくる
  • 窓が割れる
  • 赤い水が浸水してくる

異変は大きく分けて二つあり、「対処する異変」と「対処しない異変」があります。対処するのかしないのかは、プレイ中の雰囲気で判断するしかありません。

何も説明がなく、突然異変に出会い、それに対応する!それこそがこのゲームの醍醐味です。

ここに書いたこと以外の異変も発生しますので、異変を楽しんでください。

最後に

楽しいゲームでしたし安価ですので、まだプレイしていない方は是非遊んでみてください。

8番出口をプレイしていない方はこちらを先に遊んでから、8番のりばを遊ぶともっと楽しめるかと思います。

それでは、また別の記事でお会いしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました